title

安心・安全な食品をみなさまの食卓へご提供

遊子漁業協同組合は、安全性に対する信頼度を高めるために、2007年11月17日に【ISO22000】を認証取得致しました。これにより、一つの食品安全マネジメントシステムのもと、原料生産から加工・出荷までが一体となった製品の安全を追求する仕組みが完成し、安全・安心への取り組みを強化してまいりました。
さらに、マリンコープゆすにおいては、2012年11月に食品安全システム認証【FSSC22000】を認証取得し、安全な食品を安定供給する仕組みの構築及び、現場作業における良好な作業習慣の実施の両立を行い、安心・安全への取り組みの一層の強化を図ってまいります。

pic1
ISO22000及びFSSC22000の概要
取得組織: 遊子漁業協同組合
適用規格: ISO22000:2005
登録番号: JUSE-FS-054
登録日 : 2007年11月17日
分野  : 魚介類加工、卸売
登録範囲: (1)業務用生鮮水産水産品並びに加工水産品の加工
(2)組合員の養殖魚の卸売
取得組織: 遊子漁業協同組合
適用規格: 食品安全システム認証22000:2010 次を含む食品安全システムに関する
認証スキームISO22000:2005、ISO/TS22002-1:2009、
FSSC22000要求追加事項
登録番号: JUSE-FC-009
登録日 : 2012年11月29日
カテゴリ/ 分野:C/魚介類加工
登録範囲: (1)業務用生鮮水産水産品並びに加工水産品の加工

ISO22000とは?

ISO22000とは、「HACCPシステム」と「PDCA(基本的なマネジメントシステム)サイクル」を組み合わせた国際規格の食品安全マネジメントシステム規格のことです。
従来の前提条件プログラム(PRP)と重要管理点(CCP)に加え、新たにオペレーション前提条件プログラム(OPRP)の管理レベルが追加された高度なシステムです。妥当性確認・モニタリング・内部監査を含む検証により適切な管理手法が取れるため、ハザード分析をシステム全体で予防する取り組みができます。また、ISO22000取得によるメリットは、国内外の導入における食品安全マネジメントシステムの証明になります。その他、組織の食品安全管理レベルの向上。社会的責任の一貫としての取り組み。そして、食品安全性に関するお客様からの要求を満たすことができるシステムです。

FSSC22000とは?

FSSC22000とは、ISO22000をベースの規格として、そこにISO/TS22002-1とFSSC22000要求事項が追加された、ISO22000よりもさらに高度なシステム規格です。
これにより、食品製造現場における前提条件プログラム(PRP)を強化することができ、より安全な食品の安定供給が可能となります。
また、【FSSC22000】は、食品小売業界が中心となり設立された「国際食品安全イニシアチブ(GFSI)」により承認された食品安全の認証スキームであり、これにより遊子漁協は国際的に認められた食品加工工場であると証明されています。

  • @建物の構造と配置
  • A施設及び作業区域の配置
  • Bユーティリティ−空気、水、エネルギー
  • C廃棄物処理
  • D装置の適切性、清掃・洗浄及び保守
  • E購入材料の管理(マネジメント)
  • F交差汚染の予防手段
  • G清掃・洗浄及び殺菌・消毒
  • H有害生物(鼠族、昆虫等)の防除
  • I要員の衛生及び従業員のための施設
  • J手直し
  • K製品のリコール手順
  • L倉庫保管
  • M製品情報及び消費者の認識
  • N食品防御、バイオビジランス及びバイオテロリズム
安全な食品ができるまで

「遊子」のおいしさを最新の技術でお届けします。

遊子漁協の加工場は品質を追及した国際基準クラスです。

お客様に安全な商品をお届けするため、商品の搬入・加工前から出荷に至るまで、あらゆるプロセスで品質管理を徹底しています。各項目にある黄色いボタンをクリックいただくと、対象機器や加工シーンの写真が表示され、作業の様子を見ることができます。

原魚搬入
ウロコ取り
ウロコ取り
頭除去
内臓除去・洗浄
三枚卸し
三枚卸し
整形・カット・皮除去
整形・カット・皮除去
袋詰め・真空
金属検知・自動計量・自動ラベリング
金属検知・自動計量・自動ラベリング
金属検知・自動計量・自動ラベリング
CAS凍結
梱包
出荷